福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

ZEN呼吸法田植え合宿

毎日暑い日が続いております。

さて、毎年恒例となっております【ZEN呼吸法田植え合宿】

会津継承米氏郷の生産農家“新田さん”の田んぼで、毎年ツアー参加者のみなさんが田植えを行います。

今年は、私達継承米スタッフもみんなでお手伝い!!

田植え当日は、最高のお天気★

まずは、白鬚神社(通称:新田神社)でのお参りから。。。♪

 

会津継承米氏郷、昔は雷神光というお米でした。

その当時の基調なお酒、を御神酒に。 みなさんで味わって頂きました!

これから植える苗に、神様を宿します。

その苗は早苗となり、これから植える皆さんは早乙女です。

そんな新田さんの素敵な講話に、みなさん耳を傾けます。

 

さて、いよいよ田んぼに移動して田植えのスタートです★

元気に育った、会津継承米氏郷の苗を手に! みなさん楽しんでください(^^)

継承米の土はトロトロ、はだしで実感したいという方も多かったですね!

うーん!!気持ち良さそう★

「どうぞ!入ってくださ~い!!」

初めての方も、経験者の方も、みなさんとっても楽しそう★

私達は目印をつけたロープを持って、息をあわせ一緒に一歩一歩進みます!!

とても日差しが強いので、皆さんもだんだんお疲れ気味。

そんなとき、新田さんの息子さんご夫婦も応援に駆けつけてくれました♪

よーし!休憩しながら、あとちょっと!!

倒れた稲をおこしながら、補修しながら、ようやくゴールです!!

足の泥を落としたり、写真をとったり、みなさんの笑顔もキラッキラでした!

さて、お昼の時間!

みなさんあぜ道に腰掛け、継承米のおむすびでランチタイムです(^^*)

新田さんの奥様から、美味しいきゅうりの浅漬けにゆで卵まで頂きました♪

 

最高の至福のとき・・・(^^*)

みなさんご満足いただけましたでしょうか?

とても暑い中の田植え、お疲れ様でございました。

また、次回は草取り、稲刈りと是非ご参加くださいね! お待ちしております!

稲の神様が結んだご縁。  またお会いしましょう★

継承米スタッフ kana

————————————————————–
『継承米.com』
www.keisyoumai.com

 

豊作祈願

6月ももうすぐおわり。

会津継承米氏郷の田んぼも、順調に稲が育っています!

なんだか、例年よりも良いスタート★

今年は、生産農家友継さんのお義兄さんに教えてもらった“豊作祈願”をしてみました。

田植えの最終日にもらってきた、氏郷の苗。

土をおとして乾燥させて・・・

 

準備は万端!!

ここは、弊社会津食のルネッサンス 会長が代表して自宅の神棚に。

*  豊作の祈りを込めて。  *

**  会津継承米氏郷 ふるさとの希望となれ。  **

 

 

 

バケツ氏郷 あ・ら・た・め

2008年 会社のベランダでバケツ氏郷をはじめました!

“ バケツ氏郷?? ”
その名のとおり、バケツで氏郷の栽培に挑戦したんです!
今年、私達も挑戦を決めました・・・!!

少しだけ立派なコンテナを買って 準備万端。
氏郷の苗は友継さんのポット苗!
土は、新田さんの無農薬・無化学肥料の土!

スタッフの荒井さんが代表して、“コンテナ氏郷” 植え付け式です。

みなさんお気づきになりましたか?

継承米氏郷の土、すっごくトロトロなんです! (氏郷泥パックなんていけるかな・・!?^^;)

実は・・・このトロトロ土が、氏郷の美味しさの秘密!

微生物が活発に活動してるため、粒子構造がとても細かい状態になっています。
このやわらかな土は、稲が根っこを伸ばしやすいので、栄養をしっかりと吸収する事ができます。

継承米氏郷は、独自の肥料を使用。
その為、お米はもちろん!土も毎年成長を続けているんです。

“土づくり” そのものを大事に考えたお米。 是非味わってみて下さい**

コンテナ氏郷、またレポートしま~す!

友継さん田植え

先日ポット苗でご紹介した、氏郷生産者の友継さん。
先月の田植えの様子をお届けします♪

氏郷栽培指導員の新国さんも駆けつけ、苗の生育具合のチェック。
初めてみるというポット苗の田植え機にも興味津々です!

青々と育った苗。
ポットなので、根っこを裂くことなく田植えすることができます。

この見事な直線!
農家さんの腕はもちろん、丁寧な仕事がお分かりいただけるかと思います!

お手伝いに、友継さんの同級生の方。
今でもこんな風に支えあって、楽しく一緒に作業する友だそうです。

友継さんのお義兄さん。
毎年、私もこの田んぼでお会いしています!

私が先日、友継さんのアスパラ泥棒・・・ おっ違う違う^^;
畑の写真を撮っていたのを、「お!来てる来てる!」と見守ってくれていたそう。
年に数回しかお会いしないのに、嬉しい限りです♪♪

トラックに乗ってやってきたのは、奥様!

とっても働き者で、笑顔のステキな奥様。
苗を積んで、ハウスと田んぼを何度も往復します!
夫婦揃っての農作業、きっと仕事もはかどるでしょうね!!

田植えは、苗の運び出し ~ 田植え機に積み込み ~ 植え付け ~ ポット洗浄
その繰り返し。 農作業は一人で出来る仕事ではありません。

“ 助け合いの精神 ”
農業には当たり前のように、今も継承されています。

“会津継承米氏郷” それは

“会津継承米氏郷” 今年で10周年!
26名の農家さんが心を込めて栽培しています。

*・・ 継承米 ・・*
美味しいお米をつくるにはどれだけ土づくりが大切か、
農家さんはみんな知っています。
土づくりにかけた年数に価値を持たせ、代々誇りを持ってその土を受け継いでほしい。
それが継承米へかけた私達の願いです。

土を思い、食べる人を思って耕す人。 人と自然の共生を願う人。
双方の思いが繋がるとき、その志は明日へと継承される。

継承米氏郷は、何が違う。  、、そう、土が違う。

この味是非一度ご賞味下さい♪

ポット苗

先日美味しいアスパラを頂いた、
継承米氏郷の生産者、友継さん。

友継さんは継承米の苗を、ポット育苗箱で育てています。
ハウスの中へ。

こんなふうに、苗が小さく分かれた部屋のなかで、
それぞれに根っこを伸ばします。

丈夫な苗を育てるのに、一番大切なのが水の管理だそうです。
あまり水をあげ過ぎないように、
わざと水をあげずに、苗自身のちからを引き出すこともとっても大事。

種まきのあと、しばらくは気温が上がらなかったので、
もう少し成長してから田植えに入ります。
継承米氏郷。実際に苗の根っこを見せてもらいました。

こんな風に、左側の苗のように白い根っこがみっちりになるのを待ちます!

いよいよ友継さんの田植えも間近。
ずっとお天気もいいみたいだし、楽しみです!

氏郷10周年year!!田植え始まりました。

今年は、継承米氏郷10周年yearです!!

皆さまに愛されて10年。
いよいよ今年の氏郷も田植えが始まりました。

生産農家の長峯さんは、
氏郷生産開始当初から栽培をしてくださっている一人です。
色んな苦労も一緒に、ずっと10年。
本当に心から感謝です。

今日は朝から本当にいいお天気!
長峯さんの田んぼは会津美里町八木沢にあります。
この時期は、ご近所さん同士で作業を手伝い合ったり、大忙しだそうです。
優しい長峯さんはいつも自分が最後。

でも苗の成長のタイミングはいい感じ。
青々としたキレイな苗です。

長峯さんの田植え機は6条植え。
快調に田んぼに苗が植えられていきます。

このまっすぐな苗のラインは、ベテランの証。
さすがです・・・!!

とっても働き者の奥さま。
お二人の様子を見ていると、心がポッと温かくなりますね♪

実家でもお米の栽培をしている継承米スタッフの荒井さん。
今日もいい働きをしてくれました。
頭にタオルを巻いて、真っ赤かに日焼けして。

そんななか!
なんとぉ~っ 長峯さんから「田植え機乗ってみっか?」と私へお誘いが!
もちろん乗せてもらいました♪

乗せてもらうだけでも感激なのに、
こんな初心者の私に運転まで体験させてもらえるなんて、
本当に最高でしたぁ(; 。;)

すこし曲がっちゃったところは、後から直してもらい、
「大丈夫!まっすぐだ!」と褒めてもらって満面の笑みで帰ってきました。

どうもありがとうございました♪
実は、長峯さんは父のお友達。
小さい頃からお家にお邪魔して遊んでもらったりしてたんだぁ。
ご夫婦に、いつも感謝です。

今年は継承米氏郷10周年。
また収穫までよろしくお願いいたします!!

稲も色づいてきました

近頃吹く風はもう秋なのに、日中はだいぶ暑いです。
なかなか良く晴れた今日
継承米の田んぼに行ってきました。

こうべも垂れ、いい具合に色づいてきています。

会津継承米氏郷の新米は、10月末から販売がスタートできる予定です。
(※農薬・化学肥料不使用米は11月中旬からを予定しております。)
22年度産は、農薬・化学肥料不使用米がお陰様で早々に完売となり、
皆様には大変ご不便をおかけしてしまいました。
その為、今年度はしっかり作付けを増やしましたので、どうぞご安心下さい。

今年は農家さんみな心を痛めながらの栽培でした。
でも、今年は例年以上に天候にも恵まれ稲は最高の状態です。
笑顔のゴールまであと少し。
みなさん是非楽しみにお待ち下さい。
————————————————————–
私たちは次世代に受け継ぐ、良い土づくりを大切にしています。
『継承米.com』
www.keisyoumai.com

生育調査

会津継承米氏郷の栽培指導員のニックニさん。
先日行った生育調査の様子を、
ニックニさん日誌でお届けいたします。
嬉しいニュースです。
————————————–
今年3回目の生育調査を7月24,25日の2日間にわたって
氏郷栽培農家全員(31軒)の圃場(田んぼ)を回ってしてきました。
ここ数年天候が安定せず、
以前よりも栽培に苦労することが増えてきました。
前々回は、思ったような生育がとれず、少し様子を見ていました。
前回は大半の圃場で順調に生育していました。
中に数軒生育のあまり良くない圃場がありましたがそこは対策をとってきました。
さて、今回は
調査したところほぼ全ての圃場で順調に生育していました。
一安心。
今回は、今年の稲(米)の出来を左右する大事な時期です。
ここで失敗したらいいお米はできません。
と言うか人が稲(米)のためにできることは、これが最後です。
後できることは圃場に水を入れたり、流したりする事しかありません。
この分だと いいお米ができそうです。
今年は、稲の生育状態のほかに頭の痛い問題がありました。
原発事故の影響です。
ですから今回は、生育調査とともに線量計を持って全農家の圃場の放射線量の調査をしました。
今は、空気中に放射性物質は浮遊しておらず、
地表に落ちているので地面(畔と圃場)の線量を計りました。
その結果・・・・
だいぶ数値が低く、中には 平常時の空間線量を下回る ところさえありました。
会津では現在、野菜、果物、そば、麦など、
モニタリング調査の結果放射性物質は検出されていません。
ましてや水田は水を流すので、畑よりも地面の放射線量は低く、
この分でいくと今年のお米も放射性物質は検出されないのではと思います。
————————————–
私達継承米スタッフも大喜びです。
私なんて、嬉しくてつい涙してしまいました。
これからも定期的に生育調査を行います。同時に線量検査も。
このまま順調に育ってくれれば、
安心安全な新米をみなさんにお届けできます。
まだまだ気は抜けませんが、
現段階として、皆さんと一緒にこの喜びを分ち合いたくて・・・♪
————————————————————–
会津の31人の農家さんが心を込めて作っています♪
『継承米.com』
www.keisyoumai.com

会津も梅雨明け

会津も昨日、梅雨明けしました。
梅雨明け初日は最高気温35度超えの、それらしい暑さ。
空には大っきな夏の雲がおよいでいました。
お出かけ日和、私も麦わら帽子で継承米の田んぼへ
 

 
5月末に田植えをした継承米の稲も、すくすくと育っていました。

あれれ?とんぼもみ縲怩チけ。

苗は成長真っ只中!
トロトロの土の中いっぱいに根を伸ばし
夏の日差しをたくさん浴びて、ぐんぐんぐんぐん大きくなって、
農家さんや私達を楽しませてくれます。
 

 
*元気にったくましくっ!! 継承米は頑張っています!*
————————————————————–
会津の30人の農家さんが心を込めて作っています♪
『継承米.com』
www.keisyoumai.com