福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

お月様とお団子♪

今日は十五夜。会津はあいにくのお天気ですが。
昨晩は、きれいな月夜でした~B
「米夢の郷」さんからいただいた米粉で、お団子を作りました。
お月見もいいですけれど、お団子もうれしい。
米粉 団子
会津コシヒカリ100%の米粉をお湯で練り、小さく丸めて茹でるだけです。
コシがあって美味しいお団子が出来ました。
小豆をのせていただいたのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
きな粉やゴマもいいですね~B
次回は食べちゃう前にちゃんと撮影します!
とっても簡単です。お試しください♪

カメラマンなのに・・・

東京から来てくれたZEN呼吸の先生、由紀ちゃんの写真を撮りに、会津東山温泉の羽黒神社へ♪
今日はカメラマンがんばるぞっ。
羽黒神社
私、会津が地元なのに羽黒神社には来たことがなかった。
そういえば弟が部活のトレーニングで来た?!って行ってたな~Aなんて
思い出しながら意を決していざ階段へ。なんと1200段!
私は日ごろの運動不足がたたって、途中、リタイア寸前・・・。
ヒョイヒョイ登っていくタレントの由紀ちゃんに、三脚も持たせちゃう始末・・・。
こんなんじゃカメラマン失格ぅ。
着いた時のうれしさは格別でした!朝の空気も気持ちいい!
次回はもっと楽に登れるようにがんばろ。

バケツの稲も

自宅に引っ越してきたバケツの稲も、頭を垂れて、ほのかに色づいてきたようです。
バケツ稲

米粉パンに挑戦!

いただいた発芽胚芽の米粉で、初の米粉パンに挑戦しました~。
米粉
今回は強力粉に3分の割合で米粉を混ぜてみました。
バターの代わりに朝倉さんのオリーブオイル「オルチョサンニータ」、お塩は「「師塩」
リーガル社のブレッドメーカーで作りました。
結果はというと、見てください!予定の半分ほどしか膨らまず・・・。 目も粗い出来上がり。
米粉パン
ふわふわ~Aモチモチ、を想像していたのでちょっとがっかり。
でも!!! 焼きあがるときの香ばしい、いい香りは同じです♪
素朴感満点ですが、これはこれでなかなか良いお味。
何といっても発芽胚芽米粉入りで身体にもいいしねっ! 負け惜しみ?!(笑)
米粉の配分や、お水の温度を変えて再挑戦するぞっ。

夏の終わりに

8月も今日でおわり。
今日はお友達(ボスの奥さま)とバジルソース作りです。
夏の陽を惜しむように、庭のバジルはたくさん葉をつけてくれました。
それにしても、うちのバジルとボスの実家のバジルをあわせたら「売る?!」っていうほどの量・・・。
バジル
二人でちょっと気が遠くなりつつも、丁寧に洗って、水気をとって、フードプロセッサーへ。
料理研究家の有元葉子さんご推薦のオリーブオイルと、松の実と、お塩は「師塩」で作ります。
オリーブオイル
家にはフードプロセッサーが無くて、前にミキサーでやったら大変だったなぁ。
さすが、クイジナート!!あっという間にペースト状になりました。
お料理の道具って大切なのねー、とあらためて。
バジル
こんなにたくさん出来ました~B
できあがり♪
今回はあっさりタイプで入れませんでしたが、パルミジャーノを入れても美味しいですよね。
お昼前から始めて出来上がったのは午後2時すぎ。お腹はペコペコ。
出来立てのバジルソースとプチトマトでパスタを作ってもらいましたー。
トマトとバジルのパスタ
おいしい~幸せ。

稲の花♪

お盆前に会社から自宅へ引越しをしたバケツ稲。
雑草を抜いて、肥料を足してあげたらみるみる元気になりました!
そして2日前、お花が咲きました。
稲の花
白いプチプチが雄しべだそうです。雌しべは籾の中にあります。
生まれて初めて見た稲の花。籾が花びらのかわりなんですねー。
次々と穂も出てきてうれしい限り。
連れてきたときはあんなに元気なかったのに。植物の生命力ってすごいですね。
バケツ稲も秋には収穫できそうです♪。よかった、よかった。

ゴーヤチャンプルー

うちの庭では今年ゴーヤが豊作です!。
ゴーヤ1 ゴーヤ2
去年は数本しかならなかったのに、今年はこの暑さがよかったのでしょうか。
毎日ゴーヤずくしのメニュー・・・。。
今まではゴーヤチャンプルーもかなり適当(笑)に自己流で作っていましたが、
「会津スローフードの会」お料理教室で習ったレシピをご紹介します!
沖縄料理店「がちまやー」(会津若松市千石町)のマスター玉城さんに、
本場、沖縄家庭料理を教えていただきました♪
————————
【ゴーヤチャンプルー】
材料(2~3人分)
・ゴーヤ 1本(約300g) ・豚ばら肉 100g  ・もめん豆腐 半丁
・溶き卵 2個  ・にんじん 1/3本  ・シーチキン 1/3缶
・だし汁(昆布とかつお節)70cc  ・サラダ油 大さじ3  ・塩 少々
・コショウ 少々  ・醤油 大さじ1
1. 豆腐は一回茹でこぼしておく。(水分がぬけて固くなり崩れにくい)
2. 豚ばら肉は丸ごと茹で短冊切りにする。
3. ゴーヤは縦二つ割りにして中の種を除いて薄切りにする。
4. にんじんは短冊切りにしておく。
5. 鍋に油を熱し、1の豆腐を焦げ目がつくまで焼いて、塩コショウをしておく。
6. 2の豚バラを入れ、ゴーヤとにんじんを入れ、火が通るまで炒める。
  塩コショウを適量入れ、だし汁をいれて混ぜ合わせる。
7. 卵でとじて、最後に醤油で味を調えて、できあがり♪
———————————
『会津スローフードの会』では毎月のお料理教室と、年数回イベントを開催しています♪
お料理教室はいつもあっという間に定員になってしまう程大人気!
お教室やイベント等、ご案内希望の方はこちらからご連絡ください。
『会津スローフードの会』はこちら>>

引越しました!

会社のベランダで育てていた氏郷の稲。
ベランダとはいえ外に出られないので、いつも窓からお水をあげていました。
土日お水をあげられなかったり、雑草をぬけなかったせいか、すっかり弱ってしまいました。
見るからに栄養不足・・。。
葉色「2」ということろでしょうか。(ちなみに普通の稲は3~4くらいです)
「このままでは、穂が出ないかもー!!」
そこで、夏休みにも入ることだし、お引越しをしました♪
バケツ稲
雑草を抜いて肥料をたっぷりあげて。
風にそよそよとふかれて、なんだか喜んでるみたい。。
どこまで回復してくれるかな。がんばってくれ!

夏の味覚♪その1 トマトソース&ラタトゥイユ

子供の頃からトマトが大好き。冷やしたトマトがおやつ代わりでした。。
農家さんからたくさんいただき、毎日食べても食べきれないのでトマトソースをつくりました。
【トマトソース】—————————
オリーブオイルにみじん切りのにんにくを入れ、超弱火で香りをだします。
(にんにくは焦げてしまうと台無しなのですぐ火をつけずしばらく置いておいてもいいくらい。)
そこにみじん切りのたまねぎ(中1個)を入れて弱火でゆっくり炒めます。
(たまねぎの甘味を引き出すには弱火でゆっくりがポイント)
トマトを10個くらい適当な大きさに切って入れ、ローリエを入れて煮ます。
(種も皮も気にせずざくざく切って入れちゃいます)
水分が減ってきたら、ざるでこします。
しばらく煮詰めて濃度がついてきたら塩を少し入れ味を整え、できあがり。。
———————————
濃いめ、こってりが好きな方はトマトピューレを足すか、トマトの水煮缶を使ってください。
ゆでたパスタとからめて、パルミジャーノをたっぷりかけて。
きゅうりや炒めたナス、バジルなんかを入れて冷製パスタもオススメ!
冷めたら小分けにして冷凍しておくと便利です。。
今回は冷凍する分をとって、残りのソースでラタトゥイユを作りました。
【ラタトゥイユ】——————-
ラタトゥイユ
トマトソースが入った鍋に、ナス、ズッキーニ、たまねぎ、パプリカ、しいたけ、ピーマンを
それぞれ炒めて鍋に入れていきます。
ポイントは、1種類ずつ炒めること。それぞれの野菜の美味しさを引き出します。
・ナスはオリーブオイルを多めで。
・ズッキーニは強火で表面をカリッと。
・たまねぎは焦がさないように弱火でゆっくり。
・パプリカは強火でちょっと焦げ目がつくくらい。
・しいたけ、ピーマンは最後に強火でさっと炒めます。
全部入れたらさっくりとソースとなじませて、タイムを入れて、弱火で20分くらい煮たら出来上がり♪
途中、お塩で好みの味に調節してください。
煮ているときに鍋の中をぐちゃぐちゃ混ぜすぎないように!。
私もよくやっちゃうんですよ~B
野菜の形がなくなって、ごった煮になってしまいます。
———————————–
かぼちゃを入れても甘くおいしくできます。
玄米にオムレツを添えてラタトゥイユ丼にしても。。
食欲がない夏に!栄養満点です♪

深い呼吸・身体との対話^^

このブログにたびたび登場してくれている椎名由紀ちゃんは「ZEN呼吸」の先生。
お気に入りのお蕎麦屋さん通いで、2、3ヶ月に一度は会津を訪れてくれています。
浴衣が似合う、見た目も心も美しい方なのです♪
東山温泉の手前の松平家廟所にて、ZEN呼吸のレッスンをしてもらいました。
松平家廟所
実はここ、会津育ちの私は知らなかった場所。
みんな知ってるのかなぁ~Hと疑問だったので周りの人に聞いてみたらみんな知ってた!
どうして今まで来なかったのか!と思うくらい緑豊かな心安らぐ場所です。
全身で深い呼吸をすることで、身体にストレス、疲労、老廃物、毒素をためない『体内対話 ZEN呼吸法』。
森の中で約15分、深い呼吸をすることですっかりデトックスしましたー!
『体内対話 ZEN呼吸法』詳しくはこちら>>
田んぼ&ZEN呼吸ツアーしたいね!って話しています。
いつの日か、実現できる日がきたらご案内しますね。。