福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

銀座久兵衛 ホテルオークラ店 店長 鴫原 誠氏

久兵衛

「会津継承米 氏郷」をご使用いただいている、『銀座久兵衛』 鴫原誠さんにお話を伺いました。

銀座久兵衛 鴫原誠さん)お寿司、どうでしたか?

会津食のルネッサンス 代表 本田勝之助)ん~、ほんと美味しかったです!

鴫原さん)それはよかったです(笑)。「氏郷」は噛むとふっくらして甘みがありますね。口に入れた瞬間は少し硬いかなと感じるんですけどね。一粒一粒の主張が強いお米だと思います。お米自体が強いんでしょうね。

本田)そうですね。継承米「氏郷」は一粒一粒の生命力が高いお米です。このお米は、稲が土に含まれる栄養分を自ら採りに行こうとする力を引き出す農法で作られています。自分で栄養を採ろうとして根を張る。その根を張るときに土がカチカチだったり、土に良くないものが入っていたりすると栄養が充分に採れない。やわらかいトロっとしたような土だからこそ根がグーっと思いっきり張っていく。自分が栄養を採ろう採ろうとしたときに取れる状態の土だからこそ、生命力が高くなっていくんですね。

鴫原さん)炊き上がり、米がしっかり立ってますよね。お酢がやわらかく感じます。お酢がお米にしみ込まず、ちゃんと表面に付いていますから、つぶつぶして甘酸っぱく美味しいです。 良くない米はお酢が米に浸透してしまって、舌でお酢の味を感じようとするときにわからなくなってしまうんです。
(さらに…)

明神館・ヒカリヤニシ 統括料理長 田邊 真宏さん

田邊真宏さん生産者と土地のエネルギーを感じる玄米です。

一粒一粒が、かむと口の中で甘みが広がり野菜のうま味をより一層ひきだしてくれるお米だと思います。

僕も継承米に出逢い、生産者の方のお話を聞き、作り方や、土の作り方などお米のお話に「こだわりのあるお米だな!」と思い使っています。

思いがある食べ物って本当にいいですね。

何か温かくなるものを感じます。

ホームページ:明神館
ホームページ:ヒカリヤニシ

サンク・センス 代表取締役社長、ボルドー国立大学公認ワインテイスター 松浦 尚子さん

私もスタッフも試食させていただきまして、すごく精選されたとい感じのする、真っ白でふっくらとしたとても上品で、クセがなく食べやすいお米でした。

大変美味しく頂戴いたしました。

有り難うございました!

ホームページ:サンク・センス ワイン&コミュニケーション

ワインバーRuby Blue 小形 紗己さん

日本人で良かったと思わせるほどの、これこそ、求めていたお米じゃないかなと思いました。

つやつやふっくらとしていて口の中に甘味がいっぱいに広がり、一言で言うならば、ぬくもりのある味。

外食や仕事に疲れて帰ってきた時は、シンプルにおにぎりにして夜食にいただいてます。

お腹も心も満たしてくれる、そんな会津継承米をわたしはお勧めします。

お店のご案内:ワインバーRuby Blue

赤べこ会世話人 山中 弥寿彦さん

「継承米氏郷」さっそく賞味させていただきました。

艶のあるふっくらとした炊きあがりで、味は一言で言えば”豊潤”。

噛むほどに味わいが増すご飯で、家族も「美味しい美味しい」と大喜びでしていました。

ありがとうございました。

フードマイスター 鈴木 あさみさん

(フードマイスタースクールにて「銀座九兵衛 店主によるお寿司教室」が開催されました。継承米氏郷をご使用いただいてのご感想です。)

ごはんの透明感・一粒一粒の深み・甘みがあるお米です。

ふっくら炊きたてが美味しいばかりでなく、冷めても美味しいというのが特徴で、握りのしゃりにはぴったりでした。

銀座九兵衛様がセレクトされた理由が実感できるお米でした。

また継承米で鯛めしを作らせていただきましたが、ごはん一粒一粒がしっかりしていて、甘みがあるため、鯛と昆布と塩でシンプルな味付けのみで大変美味しくいただきました。

鈴木あさみさんのブログ「銀座久兵衛 店主によるお寿司教室」

三田 愛さん

皆さんの思いがたくさん詰まった、大切なお米の、魂が宿る名前「会津継承米 氏郷」のパッケージの書を書かせていただきました。

このお米に込められたメッセージは、「母なる大地」「豊かさの継承」「自然への感謝敬意」「母性」・・・。
私は書を書く時に、私の母への思い・感謝をじっくり感じました。
母が私に注いでくれた、無償の愛、温かく包み込む広く深い愛情、何があっても子供・家族を守る強さ・・。
優しく、そして力強い母。
私の母は、天職の教育者でした。その子の可能性を引き出し、最大限に伸ばす天才。
24時間子供を見守り、その子が興味がありそうなことをさり気無く与えてくれました。
前向きでいろんなことに好奇心を抱き、自分らしく生きられるようになりました。
怒るときは、決して怒鳴ることはなく、相手の心に一番響くように、低い声でゆっくりと、伝えてくれました。
心が綺麗で、深く、優しく、強い母。
そんな母を思い出しながら、「氏郷」を 優しく、そして力強く、書きました。

私は今年母になります。
母のような愛情溢れる母親となり、母が私に、そして多くの子供たちに注いでくれた愛を、我が子に、そして後世に継承していきたいと思っています。

マクロビオティック料理講師 結城 妙子さん

お米の一粒一粒に命が宿っている。

強い意志を感じさせる主張のある味。

それでいて会津の観音様のように全てを包み込むような品のある甘さ。

噛みしめるほど玄米本来の甘みが広がり食する者の心を魅了する。

ただ舌だけに旨味を残すのではなく、食する者の心を捉えて離さないお米。

会津人が天地の恵みに畏敬の念を持ち、よろずの理に従って自然の恩恵にあずかり継承してきたお米「氏郷」。

いただく側も お米一粒一粒に真摯に向き合い心を重ねずにはいられない。

そして頂いた後、感謝の念が心を満たした。