福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

氏郷ランチ 【le 6eme sens d’OENON】

今週の氏郷ランチは、昨年末にもこちらのランチブログでご紹介したことがあります、東京都中央区銀座に位置し、ドミニク・コルビ氏がエグゼクティブ・ディレクターを務めます『le 6eme sens d’OENON』のランチコースメニューのご紹介です。

コルビにおかれましては、震災以降、風況被害でも大きな打撃を受けましたこの福島県へ実際に足を運んでくださり、f福島県産食材のおいしさと、その安全性をPRしていただいたりと本当に大きな貢献をしていただいております。

3月11日には、東京都日本橋の「ロイヤルパークホテル」にて一般社団法人『Lumiere et Espoirpour le Japan』による、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティ・ディナーが開催されます。当日は代表理事のコルビ氏の要請を受けて、東京で料理を作るのは初めての三ツ星シェフ、ジル・グジョン氏を始めとする、4名の著名なシェフが今回のチャリティー・ディナーのためだけにフランスより来日します。今回の特別企画は、シェフたちの、東北被災者の方のためにとの暖かい心から実現しました。

そして現在、『le 6eme sens d’OENON』のお店でも、コルビ氏が福島県を支援したいという気持ちから、コルビ氏自らが素材を厳選し納得のうえ選んだ福島県産の食材を使った料理を堪能することができます。

『le 6eme sens d'OENON』 Lunch

それでは、「アミューズブーシュ」のご紹介から。アミューズブーシュとは、フランス料理で食前酒とともに料理の一番最初に出される、一口で食べられるようなちょこっとしたお料理のことで、「口を楽しませるもの」という意味でもあります。

『le 6eme sens d'OENON』 Lunch

生ハムの塩気にさわやかなパプリカのムース、そこへキャビアのアクセントが加わり、斬新な味わいが口の中に広がります。

おひな祭り week 特集 ♡ 『ひなあられ』

おひな祭りweek 特集、最終日の本日は「ひなあられ」のご紹介です。
こちらの「ひなあられ」、バレンタインの特集の時に「生チョコ」でもご紹介しました『お菓子の蔵 太郎庵』さんのひなあられです。

ひなあられの隣にちょこんと置かれた雛人形は、秋田県秋田市で八橋田五郎人形を製作している『児玉巧作所』児玉言美さんの作品です。ひとつひとつが手作りの素朴なお雛さま。やさしく微笑む表情が何とも愛らしいですね。

『お菓子の蔵 太郎庵』さん 「ひなあられ」

そして、色とりどりのひなあられ。こちらも素朴な甘い味で、カリッ・サクサクっとした食感も楽しく、食べはじめたら手がとまりません♪
温かいお茶と一緒にどうぞ。ほっこり気持ちもやわらぐ太郎庵さんのひなあられです。

『お菓子の蔵 太郎庵』さん 「ひなあられ」

■ 『お菓子の蔵 太郎庵』 (会津総本店 TEL:0242-32-2877) 営業時間 / 9:00~19:00
   ※ 詳しくはコチラよりどうぞ★→ 『お菓子の蔵 太郎庵』

■ 『児玉巧作所』 秋田市八橋本四丁目4-17 (TEL/FAX:018-863-5289)

おひな祭り week 特集 ♡ 『豆麩のお吸い物』

本日の一品は、こちらもお祝い事の席に添えて嬉しい「お吸い物」です。
春らしくピンクや黄緑色など、おひな祭りにとっても華やかでコロンとした形も可愛らしい豆麩と、みつ葉も加えました。

豆麩のお吸い物

鶏肉でとったおだしの味がほっこりとあたたかな気分にさせてくれる、やさしい味わいのお吸い物です。

おひな祭り week 特集 ♡ 『カップちらし寿司』

本日はおひな祭りには欠かすことのできない、ちらし寿司のご紹介ですが、今回は「カップちらし寿司」にしてみました★
炊き上がった氏郷のお米を酢飯にしてカップに盛ったら、次に好きな具材をトッピングすれば完成!とっても簡単で楽しいですよ~♪
えび、いくら、金糸卵、桜でんぶ、青じそ、かいわれ・・・色とりどりにあれこれ盛り付けて、まるで小さな宝石箱のようです。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

トッピングが終わったらそのままの状態でお手軽に食べれるのも嬉しいですね!3月3日のおひな祭り当日に、ぜひお試しくださいね♥

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

おひな祭り week 特集 ♡ 『甘酒』

本日は「甘酒」のご紹介です。福島市にあります『株式会社フクイチ』さんは味噌製造、醤油関連調味料などの卸販売を行っています。お店の看板商品はお味噌。福島県産大豆(タチナガハ)と福島県産米(コシヒカリ)を使用し、大豆の旨み成分を生かしながら米麹の甘みを引き出した味噌は、熟成も長く食欲をそそる完熟した色合い。多様な味噌の味わいをそれぞれの良さを残しながら現代の味覚に合わせて商品として完成させ、濃厚な旨みと芳醇に富み、甘からず辛からず飽きのこないおいしさが大好評です。

そんな『株式会社フクイチ』さんより本日ご紹介するのは、名付けて「母ごのみ甘酒」。ひな祭りなど、お祝いの場にも嬉しい一品です。

『株式会社フクイチ』さん 「母ごのみ甘酒」

こちらの甘酒、もち米からできている濃縮甘酒で、アルコール分は含まれていないので、お子さまにも飲みやすいんですよ。

『株式会社フクイチ』さん 「母ごのみ甘酒」

カップに空けてそのままはもちろん(甘すぎる場合は薄めて)、冷凍すればシャーベットに・・・と、多様に楽しむこともできる甘酒です♪

『株式会社フクイチ』さん 「母ごのみ甘酒」

■ 『株式会社 フクイチ』さん・・・詳しくはこちらよりご覧下さい★ → 『株式会社 フクイチ』

おひな祭り week 特集 ♡ 『桜めん』

今週も半ばで3月に入りますね。3日のおひな祭りに先駆けて今週は”おひな祭りweek特集”と題して、春が感じられるご飯やスイーツをご紹介していきたいと思います。

本日ご紹介するのは、福島県にあります『やない製麺』さんの風味豊かな「福島桜めん」と「ゆず麺」です。
こちら、やない製麺さんの「手縒めん」は麺一本一本を丹念に縒り延ばし、丸二日かけて仕上げられる手延製法のめん。手間も時間もかかりますが「お客様に、”やないの麺はおいしい”と言われるのが一番うれしい。」と、自然豊かな福島で生まれ築き上げられてきた、昔ながらの伝統の味を大切に守り続けています。

『有限会社 やない製麺』さん「福島桜めん」・「柚子めん」

桃色が美しい「福島桜めん」。福島県には樹齢約千年以上の国の天然記念物「三春滝桜」をはじめ、こちら会津の鶴ヶ城、福島市花見山など、春になると見事な桜が咲き誇ります。やない製麺の「福島桜めん」は福島の美しい桜をイメージした薄ピンク色の麺です。

『有限会社 やない製麺』さん「福島桜めん」

かわってこちら、ほんのり黄色の「柚子めん」。福島市の中央市街地からすぐ近くにある信夫山は北限柚子の産地です。柚子は暖かいところで育つ柑橘果物ですが、福島は盆地のため柚子が育ちます。信夫山柚子の特徴は香りが強く良質なことで知られています。

『有限会社 やない製麺』さん「柚子めん」

桜の花びらを思わせる薄ピンク色と、柚子ではありながら、菜の花を思わせるようなやさしい黄色のめん。。。春を感じさせてくれます。
「福島桜めん」には桜の葉が練り込まれており、淡い色合いにほんのり桜が香る優雅な麺です。「柚子めん」は福島市信夫山の柚子を粉末にし、小麦粉に加えて手延べ製法で仕上げられており、歯ごたえ・舌触りが抜群で絶品のおいしさ。本日はめんの味を損なわないよう、鶏肉でだしをとった薄味のつゆにつけていただきました。一足早い春の訪れ。口の中いっぱいにやさしい風味が広がりました。

『有限会社 やない製麺』さん「福島桜めん」・「柚子めん」

■ 『有限会社 やない製麺』さん・・・詳しくはこちらよりご覧下さい★ → 『有限会社 やない製麺』

氏郷とお子さまご飯 【コーンスープとロールパン】

お子さまご飯最終日は「コーンスープとロールパン」のご紹介です。甘~いコーンスープはお子さんが大好きな、スープだって一品★

コーンスープに合わせて選んだロールパンは、小さくてかわいいパン屋さん『すすぱん』さんのパンです。
こちらの「すずぱん」さんはパンの材料として、国内産小麦粉・沖縄産天然塩・ゲランドの塩・無添加のショートニング自然派マーガリン・無添加バターを材料に使用。体のためにやさしく、こだわりの素材を厳選しているパン屋さんです。

『すずぱん』さん 「ロールパン」

コーンスープはクリームの缶詰を使い、生クリームも加えてコクをアップさせました。パセリをふり、クルトンを浮かべれば出来上がり★
コーンの甘みとクリーミーな味わいにほっと和み、身も心も温まります。ロールパンも生地のきめが細やかでふんわり、とっても柔らかく、噛むほどに小麦粉の風味とやさしい甘みが口の中に広がります。

■ 『すずぱん』(TEL:0242-27-5653) ※定休日(日曜日・祝日) 営業時間 / 7:00~19:00

氏郷とお子さまご飯 【ハヤシライス】

本日はカレーの後ろに隠れてしまいがちだけれども、やさしい味が人気の「ハヤシライス」のご紹介です。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

たっぷりのバターで玉ねぎを炒め、牛肉とマッシュルームもたっぷり入れました。お子さま向けご飯というテーマなのですが・・・スタッフはもちろん全員大人なので、赤ワインも風味づけとして少々加え、こくのあるまろやかなヤシライスが完成しました★

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

炊き立ての氏郷の上にたっぷりとかけて召し上がれ・・・★
炒め玉ねぎの甘みと煮込んだ牛肉のやわらかさ、たまらないおいしさにおかわりするスタッフ続出でした!

氏郷とお子さまご飯 【鶏のから揚げ】

本日のお子さまご飯も大人気メニュー、みんな大好き「鶏のから揚げ」です!鶏もも肉はシンプルに醤油・お酒・にんにくに漬け込んでおきました。約3時間漬け込んだ後、片栗粉と小麦粉を半量ずつ混ぜ合わせてまぶし、高温の油でこんがり色がつくまで揚げました。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

漬け込みダレがしっかりと浸み込んだお肉はふっくらと&とってもジューシー。衣もサクサクで箸が止まりません!氏郷のおかずとしても文句なしの一品です★

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

氏郷とお子さまご飯 【ハンバーグ】

今日のお子さまご飯は、みんな大好き「ハンバーグ」のご紹介です!お子さんに限らず大人も大好きな一品ですね!

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

ハンバーグを作る下準備として、まずはパン粉に牛乳を含ませておきます。本日は会津中央乳業さんの「会津の牛乳」を使いました。こちらの牛乳、かわいい女の子がイメージロゴになっていて、地元会津ではお馴染み。生乳本来の風味や甘みが生きた、コクのある味わいの牛乳です。

会津中央乳業さん「会津の牛乳」

バターで玉ねぎを飴色になるまで炒め冷ましたら、合挽き肉、牛乳に浸しておいたパン粉を混ぜ合わせ、塩コショウ・ナツメグを少々加えて調味。空気を抜きながら形を整えフライパンでじっくり蒸し焼きにしていきます。ハンバーグにかけるソースにもこだわりました。
スタッフ荒井君監修のもと、赤ワイン・ポートワイン・ソース・ケチャップ・砂糖・醤油・白胡椒を弱火でじっくりと煮詰めていき、少々とろみがついたら完成。甘みと酸味に加え、コクのある絶品ソースはハンバーグとも相性抜群!スタッフ一同、そのおいしさに大感激でした★

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

人参をバターと砂糖で煮たグラッセ、フライドポテトも添えました。氏郷のご飯もどんどんすすむ絶品、ふわふわハンバーグです!