福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

【ふくしま食材×ふくしま応援シェフ 交流会】

首都圏在住のみなさまへご案内
(お申込み&シェア希望)

【ふくしま食材×ふくしま応援シェフ 交流会】
~知って安心 食べて納得 ふくしまの恵み~

さわやかな秋風が吹く季節、首都圏の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

昨年に引き続き、福島の食フェアが都内の以下の店舗にて開催されます。
日頃から福島を応援してくださっているシェフの方々のお料理
や、福島県の食とお酒をぜひお楽しみ下さい♪

また、食のフェアでは生産者も参加し食品の現状や安全性に対する取組み、
食材そのものの魅力をお伝えいたします。
ご家族やご友人をお誘い合わせの上是非ともご参加ください。
何卒よろしくお願い申し上げます!!

 

 

【概要】
このたび福島県では、福島県産食材の安全性に対する取り組みや食材の魅力を
知って頂くため、福島県を応援いただいているシェフのご協力を頂き、
昨年に引き続き、東京都内にて交流会を開催いたします。

【開催】
◆10/5(日) 18:00~20:00 Plate tokyo Les Rendez-vous de Tokyo
◆10/28(火) 15:00~17:00 日本料理よし邑
◆11月予定 四川豆花飯荘

【申込期日】
定員になり次第締切りとさせていただきます。
ご了承ください。

【申込先】
1.福島県産品応援サイト申込みフォーム http://fukushima-kensanpin-ouen.jp/form/
2.【FAX】0242-93-9368【e-mail】order@hondaya.jp
※FAX、e-mailでお申込みの方は、チラシpdf をご確認のうえお申込みください。

【参加費】
1,500円/参加者1名様に付き
※お土産も準備してお待ちいたしております。

【体制】
主催:福島県
実施:東北博報堂 ・ 本田屋本店(有)

【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】

首都圏在住のみなさまへご案内
(お申込み&シェア希望)

【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】

さわやかな秋晴れの日が続く中、こちら福島県の会津では街を歩くと
キンモクセイの香りを感じるようになりました。
首都圏の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

9月30日より福島の食フェアが都内の以下の店舗で順次開催されております。
日頃から福島を応援してくださっているシェフの方々のお料理
や、福島県の食とお酒をぜひお楽しみ下さい♪

また、食のフェアでは生産者も参加し食品の現状や安全性に対する取組み、
食材そのものの魅力をお伝えいたします。
ご家族やご友人をお誘い合わせの上是非ともご参加ください。
何卒よろしくお願い申し上げます!!


——————————————————————-
【概要】
このたび福島県では、福島県産食材の安全性に対する取り組みや食材の魅力を
知って頂くため、福島県を応援いただいているシェフのご協力を頂き、
9/30より来年の2月まで15回にわたり交流会を東京都内にて開催します。

【開催】
◆9/30(月) 15:00~17:00 日本料理よし邑 (終了)
◆10/1(火) 13:00~15:00 日本橋ゆかり(終了)
◆10/2(水) 15:00~17:00 WANOBA(終了)
◆10/10(木) 13:00~15:00 かさね(終了)
◆10/14(月) 15:00~17:00 コムフォー大崎シンクパーク店(定員に達しました)
◆10/15(火) 15:00~17:00 ホテル&レジデンス六本木(定員に達しました)
◆11/25(月) 15:00~17:00 ラ・ブランシュ(24席)
◆11/27(水) 14:30~16:30 フランネル嵯峨野亭(60席)
◆11/28(木) 15:00~17:00 恵比寿笹岡新丸ビル店(30席)

【申込期日】
各回定員になり次第締切りとさせていただきます。
ご了承ください。

【申込先】
1.福島応援シェフHP http://fukushima-ouen-chef.jp/form/
2.【FAX】0242-93-9368【e-mail】order@a-foods.jp
※FAX、e-mailでお申込みの方は、添付画像を確認のうえお申込みください。

【参加費】
1,500円/参加者1名様に付き
※可愛いお土産も準備してお待ちいたしております。

【体制】
主催:福島県
実施:東北博報堂 ・ 会津食のルネッサンス

——————————————————————–

【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】

 【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】

皆さん是非ご参加ください!!

さわやかな秋晴れの日が続く中、こちら福島の会津では稲穂も実り、
収穫の時期を迎えています!

このたび福島県では、福島産食材の安全性に対する取り組みや食材の魅力を
知って頂くため、福島県を応援いただいているシェフのご協力を頂き、
9/30より来年の2月まで15回にわたり交流会を東京都内にて開催します。

各回の定員は30名程度となっており、事前の申込が必要となりますので、
お早めにお申込みください。参加費は各回・お一人様1500円となっております。
福島の食とお酒、お帰りの際には可愛いお土産も準備してお待ちいたしております。

 


なお、福島原発の汚染水の問題が連日報道されておりますが、
そんな中でも福島の生産者はめげずに自分たちのできることに精一杯取組み、
安全である事を確認し発信しています。
交流会では生産者も参加し現状や安全性に対する取組み、
また、食材そのものの魅力をお伝えいたしますので、お誘い合わせの上
是非ともご参加いただき、「ふくしま」を感じていただければと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます!!

【ZEN呼吸法 田植え合宿ツアー】

今年で5回目を迎えた『ZEN呼吸法 田植え合宿ツアー』★
呼吸アドバイザーの椎名由紀さんと、東京からご参加の方々が、会津藩校日新館にて心身の緊張や不調、疲れを溶きほぐすリラックス呼吸法を学びながら、大地の恵みとともにデトックスをしていく一泊二日のツアーです。

その二日目の昨日、6月2日の日曜日の午前中、会津継承米氏郷の田んぼで田植えを行いました。
巨木の根が大地の栄養をぐんぐん吸い上げるように、人の細胞もまた、その一つひとつが天地のエネルギーを得ようと活性化していくと椎名さんは語ります。私達は前日から準備等お手伝いと、田植えのアテンドをします。

田植えを行うのは喜多方市の氏郷の生産農家・新田さんの田んぼです。田んぼに程近い「白髭神社」にて、まずは新田さんのお米の神様にまつわるお話に皆さんじっくりと耳を傾けていました。

氏郷の田んぼで田植え

そして、田植えが滞りなく無事に行えるよう、また豊穣を願い手を合わせます。

氏郷の田んぼで田植え

そして、お神酒をいただきます。

氏郷の田んぼで田植え

米どころ会津の美味しいお酒に皆さん大盛り上がりです♪

氏郷の田んぼで田植え

さぁいよいよ、極上の田んぼ&極上に晴れ渡った青空の下、田植えのスタートです!

氏郷の田んぼで田植え

最初は氏郷のトロトロの土に足がぬかるみ、「抜けな~い!」と大騒ぎしてた方も徐々に慣れていきます。

氏郷の田んぼで田植え

毎年参加される方と、今回初参加の方、それぞれに声を掛け合いながらテンポよく呼吸を合わせて苗を植えていきます。
苗と苗のスペースはきっちり30cmの等間隔。間が狭すぎても開きすぎても苗が吸収する土の栄養に偏りが出るためここは入念に!

氏郷の田んぼで田植え

思いの外疲れを見せることもなく早いピッチで植えていく参加者さんに、新田さんも「大したもんだ!」とビックリ!

氏郷の田んぼで田植え

やったー!!!ついに最後まで植え終わりました★★★ お見事です!

氏郷の田んぼで田植え

お疲れさまでした!・・・と思いきや、まだまだこれで終わりではありません!お次は今ほど植えてきた道筋を戻りながら、倒れたりしている苗を整え直しながら入念な再チェックをして、田植えの完了となります。

氏郷の田んぼで田植え

さぁ今度こそお待ちかねのお昼タイムです!お昼ご飯はもちろん”会津継承米氏郷のおむすび”☆
田植えを終えた田んぼを目の前にしてなんて贅沢★「おいしすぎる~!!!」思わず顔がほころびますね。丹精込めて植えられ、育てられた苗が、やがて極上のお米となり、またそれを口にすることのできる幸せをみんなで味わいました。

氏郷の田んぼで田植え

★お塩だけで十分おいしい継承米氏郷のおむすび★

氏郷の田んぼで田植え

すっかり満腹になったところで、再び新田さんのお話を聞きながら青空交流会。熱心にビデオを撮る方も。
お米にまつわる神様のおはなし・・・そちらはまた別の機会に今度ゆっくりお伝えいたしますね☆

氏郷の田んぼで田植え

その後、椎名さんとツアーの皆さんは、大熊町の方々と一緒に呼吸法を行い、会話を楽しみリラックス。田植えで少ーしだけ疲れた体をほぐして東京へと帰っていきました。次回は草取りと秋の稲刈りです♪ またのお越しをお待ちしています!

『福島県産食材を利用したオリジナルメニュー』

福島県では、食材のブランド価値の向上のため様々な事業に取り組んできました。総合的かつ客観的に県産食材の安全性の確保に向けた取り組みを実感していただくため、首都圏の著名な料理人の方々を県内5カ所の産地へお招きして産地見聞会を開催するとともに、訪問先の食材を使用したメニューを開発していただき、食材の魅力を引き出していただきました。

■ 詳しくはこちらよりご覧ください・・・・・

『福島県産食材を利用したオリジナルメニュー』

『Lumiere et Espoirpour le Japan』 東日本大震災 復興支援チャリティ・ディナー

一般社団法人『Lumiere et Espoirpour le Japan』による、東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティ・ディナーが、
3月11日に東京都日本橋の「ロイヤルパークホテル」にて開催されます。

代表理事のドミニク・コルビ氏(「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」エグゼクティブ・ディレクター)の要請を受けて、東京で料理を作るのは初めての三ツ星シェフ、ジル・グジョン氏を始めとする、4名の著名なシェフが今回のチャリティー・ディナーのためだけにフランスより来日します。今回の特別企画は、シェフたちの、東北被災者のためにとの暖かい心から実現しました。

一般社団法人『Lumiere et Espoirpour le Japan』東日本大震災 復興支援チャリティー・ディナー
 
 ★参加シェフ:ジル・グジョン(Gille Goujon)「オーベルジュ・デュ・ヴィユ・ピュイ」
          クリスチャン・ラスケール(Christian Le Squer)「ルドワイヤン」
          パトリック・ジョフロワ(Patrick Jeffroy)「ホテル カランテック」
          パトリック・ゴーティエ(Patrick Gauthier)「ラ・マドレーヌ」
          ドミニク・コルビ(Dominique Corby)「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」
 
 
当日は弊社より手配しました福島県産の牛肉や馬刺し、メイプルサーモンや野菜などが、メニューの一皿一皿のお料理としてご堪能いただけます。またコルビ氏によって商品開発されました、福島県会津美里町の果実を使い繊細な素材の味を生かした斬新な味わいのジャムとチャツネもお土産としてご提供されます。

是非このチャリティ・ディナーを通じて東日本大震災復興支援にご協力をお願い致します。

◆詳細・申込みはこちらをご覧ください。
   一般社団法人『Lumiere et Espoirpour le Japan』 による、東日本大震災・復興支援チャリティー・ディナー

福島県昭和村 『からむし織の里 雪まつり』へ行ってきました★

先週末2月19日の日曜日、福島県昭和村にて開催されました『第29回 からむし織の里 雪まつり』へ行ってきました!
 
昭和村のからむし織は、今からおよそ600年以上も前から大切に育まれ、受継がれてきた宝物。イラクサ科に属する苧麻(チョマ・カラムシ)という植物の繊維を素材とし、日本最古の織物とも呼ばれ、かつて献上布として納められた貴重な布でした。
昭和村はからむし栽培技術を伝承してきた本州唯一の上布用高品質苧麻栽培地で、この苧麻の栽培から織りに至るほとんどの工程を手作業に頼る伝統文化は、今も山村にひっそりと息づき、先達の想いを紡ぎ、心と共に織り続けられています。
 
麻をはるかに超えると言われるからむし織の品質は、吸湿性・速乾性に富んだ肌触りの良さを持ち、特に、肌に付着しない夏衣として心地よく、一度着用すれば他の織物を着ることができなくなると言われるほど、最高級の品質と評価されています。
 
そのからむしで織られた反物を白く輝く雪の上に広げる伝統の「雪ざらし」。お天気にも恵まれ、白銀が目にとても眩しかったです★

昭和村 『からむし織の里 雪まつり』 雪ざらし

村でからむし織を学ぶ「織姫」たちが純白の雪の上に淡いクリーム色の反物を並べていきます。

昭和村 『からむし織の里 雪まつり』 雪ざらし

先人の知恵であり、冬の情緒あふれる手仕事が雪の上に美しい光景を映し出していました。。。

昭和村 『からむし織の里 雪まつり』 雪ざらし

■ 詳しくはこちらをどうぞ → 『福島県 昭和村』
                 『昭和村 からむし織』 について・・・★
 

地元会津冬野菜イベント 【冬野菜マルシェ】を開催いたします!

弊社、会津食のルネッサンスでは、今月28日(土曜日)から開催日を4回に分けて、「レストラン ポタジエ -Restaurant Potager-」さんを会場に、地元会津冬野菜イベント『冬野菜マルシェ』を開催いたします。

地元会津の生産者の方々が真心を込めて育てた地野菜は、雪の中で力強く育ち、旨味も抜群です。

野菜を「つくるひと」「料理をするひと」「たべるひと」・・・お互いが顔を合わせ、言葉を交わし合うことで、たくさんの出逢いや発見が生まれそうな、寒い冬でもあたたかな空間、憩いのマルシェへこの機会に是非、足をお運びいただけたらと思います。

当日は会津の地野菜(雪下野菜)を生産者の方から直接お買い求めいただくことができます。また、その地野菜を使ったポタジエさん特製「あったかスープ」も先着30名の方へ無料でご提供いたします。

地元会津冬野菜イベント『冬野菜マルシェ』

■ 詳しいお問合せは弊社 『会津食のルネッサンス』まで。
〒965-0016福島県会津若松市中島町2-52 (TEL: 0242-25-1778 / FAX: 0242-93-9368)

首都圏のトップシェフによる『福島県産食材を生かしての料理教室』開催!

去る11月24日と28日、福島県では福島県産食材の安全性をPRしようと、福島県が首都圏の一流シェフを招きました。
弊社・会津食のルネッサンス代表・本田勝之助がコーディネーターとなり、シェフの方々を福島県内各地の畜産場や農園、加工現場等へご案内しました。

トップシェフによる『福島県産食材を生かしての料理教室』

その後、シェフの方々は24日には郡山市「郡山市男女共同参画プラザ」にて地元シェフや市内の主婦約20名が参加しての料理教室、また28日には「福島東凌高校(食物文化科)」にて調理指導を行いました。

トップシェフによる『福島県産食材を生かしての料理教室』

和食・フレンチ・イタリアンのシェフが一同に競演し、調理指導では会津地鶏や馬肉などの福島県産食材をふんだんに使ったレシピを考案、調理を実演し、プロならではの発想と腕前を披露するとともに「福島県は素晴らしい食材の宝庫なので、これからも応援していきたい。」と語っていました。

『世界的帽子デザイナー平田暁夫さんによる”からむし織”ワークショップ』開催☆

弊社、会津食のルネッサンスでは、食だけではなく、食をとりまく地域の文化を会津より発信しています。
 
この度の活動としまして、先週11月11日に会津若松市の「会津稽古堂」にて日本の皇室をはじめとする、各国王室関係から、コムデギャルソンなど世界的ブランドのコレクション等、世界の第一線で帽子デザインを手掛けご活躍している、世界的帽子デザイナーの平田暁夫さんをお招きし、福島県昭和村に伝わる伝統の「からむし織」の紡ぎ糸で作られた帽子をご披露していただいたり、からむし織の魅力について語っていただきました。

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

福島の奥会津に古くから伝わる伝統工芸品、「からむし」を紡いだ糸で織られた生地によってつくられた素晴らしい帽子の数々を参加者の皆さんも実際手に取ったり頭に被ってみたりと、平田さんをお囲みして直接ご質問をしたりしながら、アットホームな雰囲気の中での貴重な体験が盛り沢山のワークショップとなりました。

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

平田暁夫氏・からむし織ワークショップ

平田暁夫さんと奥様、また今回ご共催いただきました、平田さんとご交流のある「チームソルトンセサミ」の小室知子さん、小室さんのご息女の橙子さんへあらためましてお礼申し上げます。
ワークショップへご参加いただきました皆様方も誠にありがとうございました。