福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

マッサンのリンゴジュース

■□■…………………………………………………………………………
注目を集める北海道・余市町
…………………………………………………………………………■□■

NHKの朝ドラ「マッサン」の舞台となり、注目を集める北海道・余市町。
実は余市は、明治初期に日本で初めて民間の農家がリンゴ栽培を成功させた
地なのですが、「マッサン」こと亀山政春のモデルとなった竹鶴政孝が
1934年(昭和9年)に立ち上げた大日本果汁株式会社がウイスキー製造で
軌道に乗るまでの間、その余市のリンゴが資金繰りに大きく貢献したと
いわれています。
そのりんごの栽培を先駆けて行っていたのがこの地に入植した旧会津藩士
だといわれ、余市のリンゴの歴史は、彼らの苦難の歴史とともにあると
いっても過言ではないのです。
「緋の衣」と名付けられた品種は今会津で再び栽培されています。
緋の衣とは会津藩主・松平容保が孝明天皇から下賜された「緋の御衣」が
その名の由来であり、余市のリンゴの歴史を物語っています。
余市でりんごが栽培された初期のころの品種で、忘れ去られた初期の品種
「緋の衣」、100年近くりんごの代名詞であった「国光」、「紅玉」の3つの
品種の詰合せになります。現在は、その一つをとっても手に入れることが
難しい珠玉のりんごジュース。口に入れたときの風味や酸味など、それぞれに
特徴があり、現在のりんごに繋がる祖先と農家の努力を感じることができる一品です。

☆━┳━┳━┳━┳━┓
┃復┃古┃三┃兄┃弟┃
┣━┻━┻━┻━┻━☆

噂のマッサンのリンゴジュース → http://shop.keisyoumai.com/?pid=22235938