福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

氏郷と会津郷土料理 【こづゆ】

郷土料理最終日は、会津地方ではお正月や御祝いの席に欠かすことのできない「こづゆ」です。

こづゆは、武家料理や正月料理として江戸時代に広まりました。お正月には分家筋の家主は本家へ集まり新年を祝いましたが、そこでのお膳料理は持ち帰る風習があり、その場で食べれるこづゆ(重のつゆ)が「お平(手塩皿)」にて振る舞われました。椀は浅く、すぐに食べきってしまいますが「お腹が一杯になるまで何杯でもおかわりしても良い」という訪れた人々がたくさんおかわりできるようにと、本家の心づくしがあったとのことです。
その後、「じゅうのつゆ」から「こじゅうのつゆ」、「こづゆ」と訛り、現在に至ります。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

家庭によって材料は異なりますが、具だくさんの山の幸を貝柱のだしで煮込むという特徴や、素材の味を生かすように薄味であることが共通しています。
本日は、ホタテの貝柱をだし汁に戻し、ほぐした貝柱に豆麩、一口大に刻んだサトイモ、人参、しらたき、シイタケ、キクラゲ を加えて、かつおだし、日本酒、醤油で味をととのえました。味付けは濃くせずに薄めにするのが特徴です。

こづゆ

貝柱、シイタケ、かつおだしの乾物の旨味とその他加わった材料の風味が凝縮され、コクがあるけど優しくてまろやかな味のこづゆ。
氏郷と一緒にたくさんおかわりしたくなります。