福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

氏郷と会津郷土料理 【にしんの山椒漬け】

本日の郷土料理は、こちらも保存食、にしんの山椒漬けです。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

江戸時代初期の頃、盆地である会津地方にとって魚と言えばにしんを干した身欠き(みがき)にしんのことでした。行商人が天秤を担ぎ、はるばる新潟から売りに来たそうです。それを1束100本単位で買い込み、農繁期の蓄えとしていました。
身欠きにしんは、山椒の葉によって干物の生臭さを取り除き、腐敗を防ぎます。当時はどこの家にも、にしんを漬けるための「にしん鉢」がありました。会津美里町の本郷焼きの窯元では、現在もにしん鉢が作られています。
漬け方は、身欠きにしんを山椒の葉を交互に重ね、最後に山椒の葉で覆います。そこに、醤油や酢・砂糖からなる漬け汁をかけ4~5日で完成です。噛むほどに熟成された味わいが口の中いっぱいに広がります。酒どころのこちら地元会津では、日本酒に合うことからも居酒屋メニューの定番にもなっています。もちろん氏郷のお米にもとってもよく合いますよ。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

 

『にしんの山椒漬け』

本日ご紹介しましたにしんの山椒漬けは『高砂屋商店』さんの商品です。

じっくりと乾燥させ旨みの凝縮した身欠きにしんを、高砂屋商店さんの看板商品キンタカサゴ醤油と本みりん、醸造酢をベースにした秘伝の漬けダレに、山椒と一緒に漬け込まれたにしんは絶品の美味しさです。

※ 商品に関するお問合せはこちらよりどうぞ

『高砂屋商店』
TEL: 0242-83-2032
FAX: 0242-83-0424