福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

氏郷と会津郷土料理 【いかにんじん&十円まんじゅうの天ぷら】

本日の郷土料理はいか人参です。

いかにんじんは、いか(スルメ)と人参を使った切り合えです。もともとは冬が始まる頃に保存食として作られていた料理で、会津の寒く長い冬の時期に不足しがちだった、たんぱく質を補うとても大切な料理だったと考えられています。

いかにんじんは「松前漬け」の元祖とも言われていますが、会津では立派な普段食。冬の定番のおかずとして食卓にのぼります。
スルメと人参を細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けします。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おかずやお酒のおつまみとして親しまれています。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

家庭ごとに作り方も味も異なり、近年は松前漬けの影響を受け昆布や数の子を入れる場合もありますが、伝統的にはスルメと人参のみで作られます。 松前漬けと異なり、昆布のぬめりがなく、ニンジンのシャキシャキとした食感が楽しめるお漬物です。

最高品質 会津産コシヒカリ 会津継承米氏郷

 

今日はおまけのホッと一息タイム。おやつのご紹介もしちゃいます。。。おまんじゅうの天ぷらです。
その名のとおり、餡の入ったかわいらしい一口大のおまんじゅうに衣をくぐらせて天ぷらにしたものです。

会津地方では古来より、まんじゅうを天ぷらにして食べる食文化があります。
昔は、お盆・お彼岸・法事など、家族親戚がたくさん集まる時にだけ食べられていました。小豆や砂糖が手に入りにくかった時代、御仏前等に御供えし、少し固くなったまんじゅうを無駄にしないため、高温の油で揚げる事によってやわらかさと殺菌効果を得て、安心して食べられるようにしたんですね。その先人の知恵が、この会津の地に受け継がれ現在に至っています。

『十円まんじゅうの天ぷら』

揚げることで餡の甘みが増すんです。こちら地元ではしょう油につけて食べるのがツウの楽しみ方。素揚げにするのではなく、天ぷらにしてお茶うけはおちろん、おかずとしてもいただくというのは全国的にも珍しいのではないでしょうか。

 

『十円まんじゅう』本日天ぷらにしてご紹介しました一口サイズのかわいらしいおまんじゅうは『がぶりガーデン本舗』さんの商品。

『がぶりガーデン本舗』さんでは、店頭販売の他にも四季折々、季節ごとに旬のフルーツ狩りや和菓子作り体験を楽しめたりとバラエティーに富んだおもてなしが体験できます。

※ 商品に関するお問合せはこちらよりどうぞ

『がぶりガーデン本舗』
TEL: 0242-29-4177
FAX: 0242-29-4199