福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

稲も色づいてきました

近頃吹く風はもう秋なのに、日中はだいぶ暑いです。
なかなか良く晴れた今日
継承米の田んぼに行ってきました。

こうべも垂れ、いい具合に色づいてきています。

会津継承米氏郷の新米は、10月末から販売がスタートできる予定です。
(※農薬・化学肥料不使用米は11月中旬からを予定しております。)
22年度産は、農薬・化学肥料不使用米がお陰様で早々に完売となり、
皆様には大変ご不便をおかけしてしまいました。
その為、今年度はしっかり作付けを増やしましたので、どうぞご安心下さい。

今年は農家さんみな心を痛めながらの栽培でした。
でも、今年は例年以上に天候にも恵まれ稲は最高の状態です。
笑顔のゴールまであと少し。
みなさん是非楽しみにお待ち下さい。
————————————————————–
私たちは次世代に受け継ぐ、良い土づくりを大切にしています。
『継承米.com』
www.keisyoumai.com


  • MadameEarlGray

    継承米の生育状況は上々の様子、何よりです!
    会津地方は放射線の影響も少なく済んだようで、本当によかったですね。
    ところでこれから収穫なさる新米に、放射線の数値を入れるご予定はありますか?
    私は継承米、本当に美味しいお米だと思っておりまして(私の人生で一番美味しいお米だと思っています)、友人・知人にもぜひ勧めたいのです。ただ、東京に住む私の周りでも、福島県産の野菜は買うのを控えているという人がとても多いのです。それが何故かと言えば、政府の決めた「500ベクレル」に誰も信頼を置いていないからです。500ベクレル以下は、一律で「安全だから市場に出す」というのでは、自分が食べているものが5ベクレルなのか499ベクレルのものなのか、まったくわかりません。みんな、大なり小なり日本の作物は汚染されていることは知っています。それがどれくらいの汚染値なのか、自分で確認し、覚悟して食べたいのです。
    チェルノブイリ近郊では、今も食料品のプライスタグにベクレルが表示されていると何かで読んだことがあります。日本も早くそうなるべきだと思っています。
    ぜひ継承米にベクレル表示を付けてください。そうしていただければ、大切な友人・知人に贈ることもできるからです。ご検討頂けると嬉しいです。