福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

生育調査

会津継承米氏郷の栽培指導員のニックニさん。
先日行った生育調査の様子を、
ニックニさん日誌でお届けいたします。
嬉しいニュースです。
————————————–
今年3回目の生育調査を7月24,25日の2日間にわたって
氏郷栽培農家全員(31軒)の圃場(田んぼ)を回ってしてきました。
ここ数年天候が安定せず、
以前よりも栽培に苦労することが増えてきました。
前々回は、思ったような生育がとれず、少し様子を見ていました。
前回は大半の圃場で順調に生育していました。
中に数軒生育のあまり良くない圃場がありましたがそこは対策をとってきました。
さて、今回は
調査したところほぼ全ての圃場で順調に生育していました。
一安心。
今回は、今年の稲(米)の出来を左右する大事な時期です。
ここで失敗したらいいお米はできません。
と言うか人が稲(米)のためにできることは、これが最後です。
後できることは圃場に水を入れたり、流したりする事しかありません。
この分だと いいお米ができそうです。
今年は、稲の生育状態のほかに頭の痛い問題がありました。
原発事故の影響です。
ですから今回は、生育調査とともに線量計を持って全農家の圃場の放射線量の調査をしました。
今は、空気中に放射性物質は浮遊しておらず、
地表に落ちているので地面(畔と圃場)の線量を計りました。
その結果・・・・
だいぶ数値が低く、中には 平常時の空間線量を下回る ところさえありました。
会津では現在、野菜、果物、そば、麦など、
モニタリング調査の結果放射性物質は検出されていません。
ましてや水田は水を流すので、畑よりも地面の放射線量は低く、
この分でいくと今年のお米も放射性物質は検出されないのではと思います。
————————————–
私達継承米スタッフも大喜びです。
私なんて、嬉しくてつい涙してしまいました。
これからも定期的に生育調査を行います。同時に線量検査も。
このまま順調に育ってくれれば、
安心安全な新米をみなさんにお届けできます。
まだまだ気は抜けませんが、
現段階として、皆さんと一緒にこの喜びを分ち合いたくて・・・♪
————————————————————–
会津の31人の農家さんが心を込めて作っています♪
『継承米.com』
www.keisyoumai.com


  • http://www.zenkokyu.com 椎名由紀

    一昨日ZEN呼吸法のボランティアを兼ねて、
    新田さんの田んぼの草取りにいってきました。
    福島のお米をとても心配していましたので、
    私も一安心です。
    おいしいお米は日本の元気の素、
    福島のお米で日本を元気にしていきたいですね。

  • MadameEarlGray

    この春、継承米氏郷を知って、そのあまりの美味しさに度肝を抜かれました。今年の秋の収穫分に放射能の影響はないのだろうかとずっと心配していましたが、今回の報告を読んで(だいぶ遅ればせながら・・ですが)、ひと安心しました。
    新米も氏郷が食べられると思うと、今から楽しみです。
    ところで、新米には放射線の測定値を添付する予定はございますか? 個装ごとに測定値が付いていれば、安心して人にも勧めたり贈ったりすることができますので、ぜひご検討頂ければ嬉しいです。
    しかし、東電の原発事故がなければしなくて良かった心配を、生産者も消費者にも強いるあの事故、本当に憎いですね。今年は福島県産の桃を原料にしていた桃ジュースも生産中止のところが多いと聞いています。
    まだまだ大変な状況だと思いますが、どうぞ安全で美味しい米作りに頑張って下さい。応援しています。