福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

稲の生育調査

週末の7月4日、5日、今年2回目の稲の生育調査を行いました。
今年は5名の新しい生産者さんが加わり合計31名。
2日間に分けて会津美里町、北会津、西会津、坂下町、湯川村、熱塩加納村、河東町、喜多方を周ります。
生育調査は稲の丈がどのくらい伸びているか、分茎の数、葉の色、根の成長等を見て、データを記録しながら、肥料の追加の必要はあるか、水を抜いた方がいいか等、農家さんと相談をしながら決めていきます。
生育調査1 生育調査2
生育調査3 生育調査4
突然の大雨!。 雨の中でも測定します。
突然の雨!
この季節、大変なのが雑草刈り!
雨が降ってお天気が良くなると、どんどん伸びます。
継承米の田んぼは、極力除草剤を使用しないため、農家さんの人力で刈り取ります。草刈り機は必需品です!
こちらは田んぼの中の雑草を取る機械。会津に一台しかありません!。 それと、畦道の草を刈る機械。
草刈り機2 草刈り機1
機械でできないところは手で刈ります。
手での刈り取りはもちろん、暑さの中モーターを背負っての作業は大変なものです。
草取り
農家さんのご苦労があって、美味しいお米ができるのですね。
継承米の田んぼには生き物がたくさんいますが、今回は特にたくさん会えたような気がします。
私の苦手なカエルをはじめ。、
カエル
どじょう、
 どじょう
小さい魚、
お魚
糸トンボ、
糸トンボ
新国さんが糸トンボを捕まえて見せてくれました。
糸トンボをとる新国さん
さなぎから出たばかりのオニヤンマ。まだ羽がフワフワしてます。
おにやんま
きゅうりを栽培している農家さんのところではちょうど花が咲いていました。
きゅうりの花
田んぼをまわっていて思うのは、継承米の農家さんたちは、お米を愛情持って育ててくださっているんだな、ということ。
除草剤で周りの草が生えたまま黄色く枯れている田んぼや、化学肥料で異常に葉の色が濃い田んぼ、収量を上げるため充分に間隔を空けずびっしり植えてある田んぼ。その違いは素人目から見ても明らかです。
改めて農家さんに感謝しつつ、美味しいお米をいただきたいと思います。
これからの稲の成長もご報告しますね!お楽しみに♪
————————————————————–
会津の31人の農家さんが心を込めて作っています♪
『継承米.com』
www.keisyoumai.com