福島県会津産 最高品質・高級コシヒカリ 「会津継承米 氏郷」 オンラインショップ

夏の味覚♪その1 トマトソース&ラタトゥイユ

子供の頃からトマトが大好き。冷やしたトマトがおやつ代わりでした。。
農家さんからたくさんいただき、毎日食べても食べきれないのでトマトソースをつくりました。
【トマトソース】—————————
オリーブオイルにみじん切りのにんにくを入れ、超弱火で香りをだします。
(にんにくは焦げてしまうと台無しなのですぐ火をつけずしばらく置いておいてもいいくらい。)
そこにみじん切りのたまねぎ(中1個)を入れて弱火でゆっくり炒めます。
(たまねぎの甘味を引き出すには弱火でゆっくりがポイント)
トマトを10個くらい適当な大きさに切って入れ、ローリエを入れて煮ます。
(種も皮も気にせずざくざく切って入れちゃいます)
水分が減ってきたら、ざるでこします。
しばらく煮詰めて濃度がついてきたら塩を少し入れ味を整え、できあがり。。
———————————
濃いめ、こってりが好きな方はトマトピューレを足すか、トマトの水煮缶を使ってください。
ゆでたパスタとからめて、パルミジャーノをたっぷりかけて。
きゅうりや炒めたナス、バジルなんかを入れて冷製パスタもオススメ!
冷めたら小分けにして冷凍しておくと便利です。。
今回は冷凍する分をとって、残りのソースでラタトゥイユを作りました。
【ラタトゥイユ】——————-
ラタトゥイユ
トマトソースが入った鍋に、ナス、ズッキーニ、たまねぎ、パプリカ、しいたけ、ピーマンを
それぞれ炒めて鍋に入れていきます。
ポイントは、1種類ずつ炒めること。それぞれの野菜の美味しさを引き出します。
・ナスはオリーブオイルを多めで。
・ズッキーニは強火で表面をカリッと。
・たまねぎは焦がさないように弱火でゆっくり。
・パプリカは強火でちょっと焦げ目がつくくらい。
・しいたけ、ピーマンは最後に強火でさっと炒めます。
全部入れたらさっくりとソースとなじませて、タイムを入れて、弱火で20分くらい煮たら出来上がり♪
途中、お塩で好みの味に調節してください。
煮ているときに鍋の中をぐちゃぐちゃ混ぜすぎないように!。
私もよくやっちゃうんですよ~B
野菜の形がなくなって、ごった煮になってしまいます。
———————————–
かぼちゃを入れても甘くおいしくできます。
玄米にオムレツを添えてラタトゥイユ丼にしても。。
食欲がない夏に!栄養満点です♪